遺書

【重要品】
使われていない養蜂箱の中に入っていた遺書。
『教えの…蜂蜜をかけると何とか飲み込め…』
『みんな待ってて…すぐに僕も…ところへ』
よれた文字でこのように書かれている。

おやすみ家族

謎の薬品が入った小瓶。
おやすみ家族というラベルが貼られている。
噴霧器にセットすることで、周囲に散布できる。
主人公のみが使用できる。

【コマンド】
噴霧:おやすみ
【有効距離】
近距離

おやすみ家族大瓶

謎の薬品が入った大きな瓶。
ラベルには注意が書いてある。
『まぜるな危険
夢見と眠りが重なると家族にとっても危険です!
※噴霧器では使用不可』

折れたバール

山小屋の扉をこじ開けた際に力を入れすぎて折ってしまったバール。非常に短くなってしまい使いづらい。
折れた部分は鋭く尖っており触れると危険。

【コマンド】
殴る
【有効距離】
近距離

空のボトル

空になった清涼飲料水の瓶。
H城樹海入り口のゴミ箱から発見した。

【コマンド】
入れる
【有効距離】
遠距離

乾燥した根

ブスと書かれた小箱に入っていた乾燥した植物の根。
根には針金で小さな紙が巻きつけられている。
『最後に2つを合わせれば、よかったはず』

【コマンド】
乾燥した根を食わす
【有効距離】
遠距離

金属バット

長嶋翔が持ち込んだバット。
やたらとへこみや傷が多く、どうやらグラウンドの外でもたくさん使われたようだ。
長嶋翔のみ使用できる。

【コマンド】
殴る
【有効距離】
近距離

くさい液体

蜂の巣のように穴があけられた死体から、滴り落ちていた液体をボトルに注いだもの。
液体は粘度が非常に高く、何ともいえないような甘酸っぱい匂いが鼻を衝く。

【コマンド】
液体をかける
【有効距離】
遠距離

草の根

しおれた枯草を掘り起こし、採取した草の根。
ちょうど小ぶりのニンジンのような形をしている。まだ採ったばかりなのでみずみずしい。

【コマンド】
根を食わす
【有効距離】
遠距離

携帯蚊取り線香

腰に吊り下げることができる携帯可能な蚊取り線香。
線香皿の内側には短く折れた香取線香と1本だけ残ったブックマッチが入っている。

【コマンド】
線香に火をつける
【有効距離】
遠距離

拳銃

真下悟に渡された警察採用の回転式拳銃。弾は弾倉に装填されている分しかない。
射撃訓練をしていない者では当てることさえ難しい。
真下悟のみが使用できる。

【コマンド】
撃つ
【有効距離】
遠距離

硬球

長嶋翔のポケットにあった使い古された硬球。
傷だらけだが、ボール自体は白く磨かれており、手入れが行き届いているのがわかる。

【コマンド】
ボールを投げる
【有効距離】
遠距離

テニスボール

山小屋で発見した木村正男の遺体と共に袋に入っていた物。
何かの液体に浸されたらしく、表面にはシミが残っている。

【コマンド】
ボールを投げる
【有効距離】
遠距離

バール

全体に焼き入れがされている小さめのL字型バール。
乱暴に扱われていたらしく、傷やへこみはおろか、首には細かい亀裂まで走っている。

【コマンド】
殴る
【有効距離】
近距離

瓶詰め蜂蜜

森のシミ男が残していったと思われる瓶に入った蜂蜜。
H城樹海入口に設置されたベンチ上に置かれていた。
瓶いっぱいに、新鮮な蜂蜜が注がれている。

【コマンド】
蜂蜜をかける
【有効距離】
遠距離

噴霧器

蓄圧式の小型噴霧器。
容器をセットしてハンドルを握ると薬品が噴霧される。
拡散用のノズルだけのため、近くにしか散布できない。

噴霧器単体では使用できず、セット可能な薬品を使用することで噴霧できる。

蜂蜜家族の下書き

【重要品】
ゴミ箱で見つけたノートの下書きと思われる丸めた紙。
『…しい家族と楽し…キャッチボー…』
『液が…ついちゃっ……ル…べとべと…』
『蜂さ…集まっちゃ…何回も…ゲーム中断…』

蜜蜂家族ノート1

【重要品】
山小屋においてあった本から切り取った1ページ。
『新しい体…巣作っ…らたっぷ…蜜を作る…』
『蜜が塾生され…と…とって…くさい液に…』
『匂いにひかれて…蜜蜂さ…すぐ巣に入…』

蜜蜂家族ノート2

【重要品】
山小屋に置いてあった本から切り取った1ページ。
『蜜蜂さんはおともだち』
『噴霧器とおクスリで仲良くなれます』
『怒らせてしまったら、巣箱の向きに気を付けて』
『目覚めた蜜蜂さんは太陽を向いた巣から動きます』

蜜蜂家族ノート3

【重要品】
山小屋に置いてあった小箱に保管してあった1ページ。
『…は神聖な旅立ちです。静かな場所で行う…』
『ふれあって進んだ先…楽園への手がかりあり』
『東のやぶ…よく…』

蜜蜂家族ノート4

【重要品】
山小屋に置いてあった本から切り取った1ページ。
『夢みる限り家族は不滅、もし密告者が出たら…』
『目覚めさせて、叩く。おとなしくなるまでやる』
『みんな、気を付けて』
『目覚めているとき……家族もただの人』

山小屋の鍵

【重要品】
蜂の巣にされた死体の手の中から見つけた古びた鍵。
鍵の頭にはボロボロになったシールが貼ってあり、何とか『…小屋』と読み取れる。

ゆめみる家族大瓶

謎の薬品が入った大きな瓶。
ラベルには注意が書いてある。
『 まぜるな危険
夢見と眠りが重なると
家族にとっても危険です!
※噴霧器では使用不可 』

【コマンド】
浴びせる:ゆめみる
【有効距離】
近距離

第二章 森のシミ男の攻略チャート

コメントはありません。 第二章 森のシミ男の道具/コメント?

お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-04 (日) 10:59:16 (385d)